合同会社と株式会社の設立時における定款などの違い

会社組織というのは会社の基本的な部分で、合同会社と株式会社では運営面で非常に大きな違いがあります。
株式会社の場合は、運営する側とお客さんという構図だけではなくて株主がかかわってきます。
その為、利益から経営者に対しての報酬が支払われますし、従業員に対しては給与という形で支払われるのですが、さらに株主に対しては配当金が支払われたり、株主優待が与えられたりします。

このように利害関係者が多くいるというのが株式会社の特徴で、その為に会社の基本的なルールを定めた最も重要なものとなる定款を作成する時には単に作成すれば良いのではありません。
しっかりと公証人役場で認証の手続きを経て、作成した内容が適切かどうかを確認してもらう必要があるのです。

一方、合同会社は出資した人が会社を運営するという形で制度設計がシンプルで、社員という言葉が使用されますが、一般的な社員という言葉とは意味が違います。
合同会社では、株主や取締役という言葉は使用しないでその両方を兼ねたのが社員で、出資者であって経営者であることを意味するのです。

このように基本的な制度に違いがあるので設立する際の費用についても違いが出てくるのです。
先にも触れましたが株式会社の場合には定款の認証の手続きが必要で、その為の費用として5万円の手数料を支払わなければなりません。
しかし、合同会社では定款の認証手続きが不要なので、5万円の手数料の発生がないのです。
また登記申請を行う時の登録免許税についても、株式会社の場合は最低でも15万円の税額になりますが、合同会社の場合には最低で6万円の税額になるのです。

それから意思決定機関も違いがあって、株式会社の場合は最も権力を持っているのは株主なので、最高意思決定機関は株主総会になります。
一方の合同会社は原則として全社員の一致で意思決定が行われるので、出資した人が経営陣になるので意思決定も株式会社と変わるのです。
このように定款の認証などを含め様々な点で、合同会社と株式会社では違いがあるのです。